ホーム » 学生向け » 留学について

留学について

基礎研究、臨床ともに国内外での留学が可能です。近年の海外留学先としてはHospital for Special Surgery(NY)、Harvard大学(Boston)、Scripse研究所(SanDiego)、Yale 大学Cambridge大学等の実績があります。

留学先から

久留米大学形成外科・顎顔面外科

永野 聡

整形外科は取り扱う疾患が多く、手の外科やマイクロサージェリーなどもその範疇に含まれます.また、外科一般に重要な傷の治療は、一般診療で何となく経験的に行われています.しかし、創傷治癒の理論など専門的な教育は、特に形成外科講座がない鹿児島大学では欠けている部分です.私は整形外科の中でも骨軟部腫瘍を専門にしており、欠損組織の再建法、難治性創傷の治療などでの困難を経験することがありました.

そこで今回、久留米大学形成外科で研修させていただいています.清川兼輔教授をはじめとした経験豊富なスタッフと、歴史と実績に基づいた素晴らしい形成外科治療を学ばせていただいています.乳腺外科、耳鼻咽喉科、整形外科などの腫瘍切除後の再建術では多種の皮弁やマイクロサージェリーを駆使して癌患者さんのQOLを向上させることができています.また、ドクターヘリを配備した救命センターでは熱傷、四肢の外傷の症例を他科のドクターとチームを編成して、救命、機能回復に尽力されている中に混じって貴重な経験ができています.マイクロサージェリーの練習ラボは医局内に常備され、いつでも血管吻合などの練習ができます.私も清川教授、力丸准教授をはじめ素晴らしい技術をもった先生方に少しでも近づくべく、人工血管からラットの血管まで、練習をさせていただいています.

このような高度な技術だけでなく、傷をいかに診るか、治すかという非常に大事なことも、毎日のカンファランス、病棟の包交のときのディスカッションで学ぶことが多く、今後の日常診療に役立つと確信しています.清川教授は今後も若い整形外科医が学びに来られることはwelcomeだとおっしゃっており、機会があれば貴重な経験となると思います.

奈良先端科学技術大学

藤元 佑介

私は平成15年に大学を卒業し、鹿児島大学整形外科へ入局しました。その後大学病院および各関連施設で臨床に携わり、平成21年10月より基礎研究留学をしています。

ここは国立の理系大学院大学で、周りは第一線の研究者、大学院生ばかりで、研究を行ううえでは非常に良い環境であると思います。私は医局の先輩より引き継いだ脊髄損傷に対する再生治療をテーマとしています。整形外科の疾患とも関連し、また基礎研究という違った視線で病態や治療にアプローチできることは、長い医師生活のうえで貴重な経験になっていると思います。

北海道大学医学部スポーツ医学診療科

廣津 匡隆

北海道大学の安田教授のもとで膝の靱帯再建手術を学びたいと考え、今年4月から半年間、北海道大学医学部スポーツ医学診療科に国内留学に来ています。この教室は安田教授を中心に膝靱帯再建手術はもちろん、基礎研究まで非常に力を入れている教室で基礎から臨床までとても勉強になります。

北海道大学は、全学部や大学病院なども一つの敷地内にあり、非常に広く、ポプラ並木など外観がとてもきれいです。また、北海道はマラソン大会が多く、よく構内をランニングしている光景を目にします。市民ランナーも非常に多く、先日は膝が痛いと患者さんが来ましたが、15km程家から走ってきて、関節内注射を打ってまた、走って帰って行きました(笑)。我が教室の先生の中にも朝10km以上走ってから来る先生もいるようです。(目標1カ月300kmらしいですが、想像を絶します・・・)

気候に関しては、北海道は、来た季節が良かったせいか、とても過ごしやすいです。まず猛暑がありません。こちらの先生方は7月に入ると”暑い”と言っていますが、鹿児島出身の私からすれば全くたいしたことありません。湿気がほとんどないので快適で、日陰に入れば涼しいし、7月くらいまでは夜暑くて窓を開けて寝ると夜寒いくらいです。
また、食べ物もとてもおいしいです。当然、イクラ、ウニなどの海産物はもちろん、メロンなどの果物もおいしく、食事には大変満足しています。
観光地もたくさんあります。私は車を持って行かなかったのでレンタカーですが、富良野、知床、網走、旭川、小樽・・・など見る所はいっぱいあります。
また、北海道大学は大学全体で北海道日本ハムファイターズのチームドクターをしています。私はずっと野球をしていた関係で、少し選手の治療のお手伝いもさせていただいています。時には、野球観戦にも行っています。野球が好きな方にはいいかも知れません。(当然、本分は膝の勉強ですが・・・。)

このように、とても充実した生活を送らせて頂いています。国内留学にはぜひ北海道をお勧めします。