ホーム » 学生向け » 初期研修について

初期研修について

鹿児島大学整形外科での初期研修では、希望に応じ腫瘍班、脊椎班、関節・スポーツ班のいずれかに属し病棟主治医の一人として勤務していただきます。大学病院としての特性上骨折等の一般外傷や手の外科、マイクロサージェリー、救命救急の研修が手薄となるため、関連病院とタイアップした研修も可能です。大学で は病棟業務のみならず、エコーや造影(脊髄・関節)といった検査、神経ブロック等の手技に参加していただき、定型的な手術における術野の展開や縫合等のと いった基本手技の習得を目指します。また動物を使用した神経血管再建等のマイクロサージェリーや脊椎内視鏡手術、モデルを使用した人工関節、関節鏡手術等 の研修の機会を準備しています。さらに学会出張や各種研究会といった病院外での研修にも積極的に参加していただいています。