疾患例

脊椎、脊髄グループでは首の病気・腰の病気・背骨の変形をきたす病気・脊髄に腫瘍を形成する病気に大別し、それぞれの病気に特化して高度な治療を提供するために専門医師グループを結成し、治療を行っております。

以下にその代表的なものを示します。

 

頚椎・胸椎グループ

 

頸椎症性脊髄症

 

病態)

年齢的な変化が首の骨に加わると、骨の棘、椎間板の膨隆、靭帯のたわみなどにより、脊髄が圧迫され、手足のしびれや痛み、手足の運動障害や場合によっては排尿障害が出現する疾患です。

手術の適応)

手の細かい動作の不自由さ(箸が使いにくい、字の書きにくい、ボタン掛けがしにくいなど)、足が突っ張って歩行がしにくくなる、排尿排便の障害(残尿がある、尿がでにくいなど)などが出てきて、内服やリハビリで効果がない場合は手術が適応になります。

手術方法)

脊髄の通り道を広げてあげる手術方法があります。首の前から広げる方法と後ろから広げてあげる方法があります。当院では、必要に応じ、顕微鏡を用い、安全かつ身体への負担の少ない手術を行っており、いずれも長期に安定した術後経過をもたらします。

 

頚椎後縦靭帯骨化症

 

病態)

首の骨を安定化させる靭帯である後縦靭帯が骨のように硬くなってしまい、脊髄を圧迫し、手足のしびれや痛み、手足の運動障害や場合によっては排尿障害が出現する疾患です。靭帯の動きが悪くなるために、首の動きが硬い方が多いです。

手術の適応)

手の細かい動作の不自由さ(箸が使いにくい、字の書きにくい、ボタン掛けがしにくいなど)、足が突っ張って歩行がしにくくなる、排尿排便の障害(残尿がある、尿がでにくいなど)などが出てきて、内服やリハビリで効果がない場合は手術が適応になります。

手術方法)

脊髄の通り道を広げてあげる手術方法があります。後縦靭帯骨化を前からとり広げる方法と骨化をとらずに後ろから広げてあげる方法があります。当院では必要に応じ、顕微鏡を用い、安全かつ身体への負担の少ない手術を行っており、いずれの手術も長期に安定した成績を誇っております。

 

腰椎グループ

腰椎疾患には主に腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり、分離症があり、腰や臀部の痛み、下肢の痛みやしびれ感、下肢の脱力や筋力低下、歩行障害、排尿排便障害などが起こります。また高齢化社会に伴い、骨粗鬆性椎体骨折、腰椎変性側弯症、感染性脊椎炎なども増加してきています。当グループではこれら多岐にわたる腰椎疾患に対して診療を行っていますが、近年脊椎内視鏡や、顕微鏡などを用いており良好な成績を得ています。また脊椎固定術でも経皮的手術など低侵襲手術を積極的に施行しています。

 

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

 

病態)

年齢的な変化が腰の骨に加わると、骨の棘、椎間板の膨隆、靭帯のたわみなどにより、腰の神経の通り道(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫され、腰痛、下肢の痛み、下肢のしびれ、脱力、排尿・排便の障害などが出現する疾患です。歩行すると、下肢のしびれ、脱力が生じ、座ったり、前かがみになって休憩すると、症状が軽快し、再び歩けるようになる症状(間欠性跛行)が特徴です。

手術の適応)

下肢の痛みのみ場合は、神経ブロックや内服薬などで軽快することが比較的多いですが、間欠性跛行が中心で、徐々に歩行距離が短くなってくる方は、保存的治療抵抗の場合が多く、手術が適応となることが多いです。

手術方法)

脊髄の通り道を広げてあげる手術方法があります。基本的には、後ろから広げてあげる方法があります。腰の骨のずれやぐらつきがある場合は、腰の骨をスクリューなどを用いて固定する手術を追加することもあります。当院では、必要に応じ、内視鏡や顕微鏡を用い、安全かつ低侵襲手術を行っております。

 

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ

 

病態)

腰の骨の間には、クッションの役割をする椎間板があります。椎間板は20歳代から少しずつ傷むとされ、傷んだ部分が広がると、椎間板の内容物が神経の通り道にでてきて(ヘルニア)、神経を圧迫する疾患です。通常は、腰痛とともに片側の足の激しい痛みを生じ、神経の圧迫が強い場合、時に麻痺や排尿障害を生じる場合があります。

手術の適応)

ヘルニアは数カ月かけてなくなる場合があるとされていますが、早期職場復帰を望まれる場合、麻痺が強い場合、神経ブロック・内服・コルセットなどの保存的治療抵抗の場合などは手術が適応となります。

手術方法)

脊髄の通り道を広げてあげる手術方法があります。基本的には、後ろから広げてあげる方法があります。腰の骨のずれやぐらつきがある場合は、腰の骨をスクリューなどを用いて固定する手術を追加することもあります。当院では、必要に応じ、顕微鏡や内視鏡を用い、安全かつ最小侵襲手術を行っており、いずれの手術も長期に安定した成績を誇っております。

 

側弯グループ

 

側弯症(そくわんしょう)

 

病態)

色々な原因で、背骨が曲がってしまう疾患です。曲がりが進行してしまうと、痛みをおこしたり背骨や肋骨がとりかこんでいる肺に悪影響を及ぼすことがあります。

手術の適応)

早期に専門医による診察が必要ですので、曲がりが軽い場合は、装具による治療を行いますが、曲がりが高度の場合や進行性の場合は手術が必要となる場合があります。

手術方法)

背骨に金属を入れて、曲がりを矯正する方法があります。当院では、術前に3Dプリンターを用い、背骨の模型を作製し、術前シュミレーションを行い、また術中は脊髄モニタリングやナビゲーションを用いており、長期に安定した成績を誇っております。

 

脊髄グループ

 

脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)

 

病態)

手や足の運動や感覚を制御する脊髄にできる腫瘍で、発生部位や圧迫の仕方で症状は様々です。腫瘍が脊髄を圧迫すると、運動麻痺、知覚障害、痛み、しびれ、排尿・排便困難などの症状が出現することもあります。

手術適応)

腫瘍の種類や部位、症状の程度により熟練した専門医が手術の必要性や方法を判断します。

手術方法)

背骨の中にある脊髄の腫瘍を、顕微鏡で観察しながら正確に切除します。当院では、術中、顕微鏡、脊髄モニタリングを用いた手術を行うことで安全性を飛躍的に高めております。