ここが特徴

鹿児島大学整形外科学教室は国内でもっとも歴史のある整形外科学教室の一つ(昭和20年、全国6番目)あり、なかでも脊椎・脊髄グループは歴史も古く、初代の宮崎淳教授以来、継続して臨床・研究の業績を残してきました。

宮崎 淳弘 教授 (1945 – 1979年)
脊椎カリエスに対する脊椎癒着術をはじめ脊椎疾患の治療について広範な臨床研究を行ってきた。
酒匂 崇 教授 (1979 – 1999年)
関節リウマチ(RA)頚椎病変に対し、後頭頚椎固定術、経口的歯突起切除術を世界に先立って行い、報告した。さらにRAの画像診断や自然経過の観察を報告し、高い評価を得た。厚生省特定疾患脊柱靭帯骨化症調査研究班班長の任に就き、後縦靭帯骨化症(OPLL)研究を飛躍的に発展させた。
小宮 節郎 教授 (2000年 – )
伝統ある鹿児島大学整形外科教室を継承し、脊椎グループの人材を育て、新しい時代を切り開いた。脊髄腫瘍・側彎症を積極的に治療し、南九州での脊椎・脊髄治療の完結が可能となった。脊髄損傷の基礎研究を推し進め、世界的業績を展開している。

 

グループ目標

1.難治性脊椎・脊髄疾患に対し、高い安全性を確保し、積極的な高度な先進医療を行う。

2.脊椎・脊髄外科医の視点に基づいた研究を励行し、学問的業績を残す。

3.標準的治療を行える脊髄・脊髄専門医を育成し、医療の地域での完結を目指す。

 

安全性の確立

 

1.術中モニタリング (32チャンネルMEP)
側彎症、脊髄腫瘍、胸椎OPLLのすべての症例に使用しています。
anzen_01
2.ナビゲーションシステム (Stealth Station)
先天性側彎症、奇形、後頭頚椎病変に対して、pedicle screw刺入操作安全性のために使用しています。
anzen_02
3.低侵襲手術
顕微鏡・内視鏡使用を励行し、手術による愛護的操作・健常組織温存を図っています。
anzen_03
4.術前シュミレーション
3Dプリンターナビを用いて術前に脊柱モデルを作成し、入念に術前シュミレーションを行っています
anzen_04

 

基礎研究

整形外科疾患でも特に重篤な外傷でありますす“脊髄損傷”と、脊椎の加齢性変化(頚椎症)や後縦靭帯骨化症(OPLL)などが圧迫因子となり、四肢のしびれや運動障害を発症します“圧迫性脊髄症”の神経変性の機序やその抑制をテーマに多方面から精力的に研究を進めています。

後縦靭帯骨化症(OPLL)の遺伝子解析
疫学調査、双生児調査、HLAハプロ調査、罹患同胞対連鎖解析を行い、本疾患に遺伝的背景が極めて重要であることを世界に先駆けて報告しました。
脊髄損傷の神経変性抑制
脊髄損傷モデルにstem cell factorを投与したところ、神経損傷の抑制効果が認められました。stem cell factorは、脊髄損傷後の神経保護治療薬としての臨床応用が示唆されました。また、エリスロポエチン投与でも同様の神経損傷抑制効果が認められました。
脊髄損傷の神経変性機序
TNF-αが脊髄損傷における神経細胞のアポトーシスの誘導に寄与することが言われております。当グループでは、炎症性メディエーターであるHMGB-1がそのTNF-αを誘導し、アポトーシスを来たす機序を報告しました。
圧迫性脊髄症のシグナル伝達、神経変性機序
慢性圧迫性脊髄障害モデルでの神経細胞のアポトーシスを制御するシグナル検討を行い、リン酸化ASK1,リン酸化JNK,リン酸化p38の発現を認めました。慢性圧迫で生じる神経変性機序にMAPKのシグナルが関与していることを報告しました。

 

新しい脊髄損傷再生治療法 -脊髄損傷のマウスを歩行可能に-

slide0039_image090損傷した脳や脊髄は再生能力がとても低く、麻痺症状が現れると治療は困難といわれています。当教室のあべ松医師らのチームは、マウスの脊髄損傷モデルにてんかん薬であるとともにヒストン脱アセチル化酵素阻害剤としても知られるバルプロ酸と神経幹細胞移植とを併用する方法(HDAC Inhibitor and Neural stem cell Transplantation、HINT法)で、脊髄損傷による歩行障害を大きく改善させることに成功しました(図)。
非治療群
HINT法治療群
バルプロ酸を併用投与したマウスではしなかった群に比べ、移植した神経幹細胞が高い効率でニューロンへと変化し、脊髄損傷により壊れた神経回路をリレーするようにつなぎ合わせていることも分かりました。また、治療後に移植細胞だけを取り除くといったん歩けるようになっていたマウスが再び歩け なくなったことから、移植した神経幹細胞が直接的に治療効果を担っていることがわかりました。
神経幹細胞と抗てんかん薬を組み合わせたのは世界初の試みであり、移植した神経幹細胞の性質をコントロールするために抗てんかん薬を用い、その制御のさいに遺伝子構造の変化を引き起こすという抗てんかん薬の新たな作用を利用した点も世界初の試みです。この成果により、脊髄損傷や脳卒中などで 苦しんでいる方々への臨床応用が将来期待されます。 論文は、8月16日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に掲載されました。