膝関節グループ

膝関節グループは、今村外来医長が担当しております。

変形性膝関節症

加齢・肥満・膝の外傷歴などを原因として膝の関節軟骨が摩耗消失し炎症をおこし痛みや関節に水がたまる(関節水腫)などを生じる病気です。進行すると痛みだけでなくO脚変形といわれる変形をきたします。階段の上り下りがつらい、立ち上がる時に両手の支えが必要になるなど日常生活に大きな支障をきたします。40歳以上では男性40%以上、女性では60%以上がこの病気をもっているといわれ悩んでいる方が非常に多い疾患です。

初期にはリハビリテーション(筋力増強訓練)、痛み止め、関節内にヒアルロン酸の関節内注射などを行って除痛を図ります。進行すると痛みや膝機能の著しい低下をきたし手術加療が必要なことも少なくありません。手術加療は主に人工関節置換術骨切り術があります。

人工膝関節置換術

関節の傷んでいる部分を取り除き金属やポリエチレンなど人工膝関節に置き換える手術です。 軟骨摩耗が少なければ部分的に置換するUKAを行う場合もあります。除痛効果にすぐれこの  手術を受けられる方も10年前の2倍と増加しています。当院ではナビゲーションシステムなど 専用機材をもちいて正確な手術を行い満足度や長期耐用性が獲得できるよう努力しております。