留学について

留学体験記

当教室では、基礎研究や臨床研修の目的で国内、海外留学を奨励しています。

整形外科は脊椎、関節、腫瘍など分野が多岐にわたり、それぞれにおいてトップクラスの施設において研修を受けることで鹿児島の整形外科医療レベル向上、教室員への教育に貢献しています。整形外科医として一般的な知識・技術を身に付けた後、つまり専門医取得後(大学院経由では学位取得後)に、下図のように全国の施設で多くの教室員が研鑽を積んでいます。

整形外科は日本整形外科学会学術総会(毎年春)と独立して基礎学術集会(毎年秋)を開催する稀な診療科であり、基礎研究がとても盛んです。大学院で行った研究をさらに発展させるために欧米の一流の研究室に留学しています(下図)。また、フェローシップによりSwedenに臨床で留学した教室員もおり、今後も若い教室員の海外への留学を積極的に支援していく方針です。