臨床研究紹介

担当責任者 栫 博則
研究課題名 三次元的解析装置及び筋電図を用いた肩関節の運動機能
論文筆頭著者
論文タイトル Clinical outcomes of arthroscopic rotator cuff repair: a retrospective comparison of double-layer, double-row and suture bridge methods.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30205813
担当責任者 冨永 博之
研究課題名 脊椎術後感染に関する危険因子の検討(後ろ向き研究)
論文筆頭著者 冨永
論文タイトル Risk factors for surgical site infection and urinary tract infection after spine surgery.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27349753
担当責任者 冨永 博之
研究課題名 脊椎術後感染に関する危険因子の検討(後ろ向き研究)
論文筆頭著者 冨永
論文タイトル Risk factors for unavoidable removal of instrumentation after surgical site infection of spine surgery: A retrospective case-control study.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27787365
担当責任者 佐々木 裕美
研究課題名 当科における動脈瘤様骨嚢腫症例の術前画像・臨床経過の検討
論文筆頭著者 佐々木
論文タイトル Diagnosing and discriminating between primary and secondary aneurysmal bone cysts.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28454393
担当責任者 佐々木 裕美
研究課題名 当科におけるランゲルハンス細胞組織球症単発骨病変症例の臨床経過の検討
論文筆頭著者 佐々木
論文タイトル Clinical course of the bony lesion of single-system single-site Langerhans cell histiocytosis – Is appropriate follow-up sufficient treatment?
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28927957
担当責任者 佐々木 裕美
研究課題名 神経鞘腫核出術に対する術中神経モニタリングの有用性に関する検討
論文筆頭著者 佐々木
論文タイトル Utility of intraoperative monitoring with motor-evoked potential during the surgical enucleation of peripheral nerve schwannoma.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29844829
担当責任者 永野 聡
研究課題名 骨軟部腫瘍の術前画像診断と術後病理診断に関する研究
論文筆頭著者 永野
論文タイトル Differentiation of lipoma and atypical lipomatous tumor by a scoring system: implication of increased vascularity on pathogenesis of liposarcoma.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25879189
担当責任者 永野 聡
研究課題名 骨軟部腫瘍の術前画像診断と術後病理診断に関する研究
論文筆頭著者 永野
論文タイトル Doppler ultrasound for diagnosis of soft tissue sarcoma: efficacy of ultrasound-based screening score.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26029024
担当責任者 永野 聡
研究課題名 骨Paget病患者における骨シンチによる画像評価の有用性に関する研究
論文筆頭著者 永野
論文タイトル Computer-assisted quantitative evaluation of bisphosphonate treatment for Paget’s disease of bone using the bone scan index.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28105116
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 人工関節術後疼痛に関与する因子の研究(後ろ向き研究)
論文筆頭著者 天辰
論文タイトル 人工股関節全置換術および人工股関節再置換術における術後疼痛に関与する因子の検討
論文リンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/66/1/66_35/_article/-char/ja
担当責任者 前田 真吾
研究課題名 TGF-βスーパーファミリー・シグナルと標的遺伝子の変形性関節症との関連(後向き研究)
論文筆頭著者 河村
論文タイトル SnoN suppresses maturation of chondrocytes by mediating signal cross-talk between transforming growth factor-β and bone morphogenetic protein pathways.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22767605
担当責任者 前田 真吾
研究課題名 TGF-βファミリー・シグナルと Smpd3 ・ ヒアルロン酸の変形性関節症との関連(後ろ向き研究)
論文筆頭著者
論文タイトル Bone morphogenic protein (BMP) signaling up-regulates neutral sphingomyelinase 2 to suppress chondrocyte maturation via the Akt protein signaling pathway as a negative feedback mechanism.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24505141
担当責任者 石堂 康弘
研究課題名 大腿骨軟骨下骨脆弱性骨折の診断と治療に関する研究(多施設共同研究)
論文筆頭著者 石堂
論文タイトル Osteoarthritis of the hip joint in elderly patients is most commonly atrophic, with low parameters of acetabular dysplasia and possible involvement of osteoporosis.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28332125
担当責任者 篠原 直弘
研究課題名 骨軟部肉腫におけるTGF-βファミリー・シグナル分子とその標的分子の発現と機能の解析
論文筆頭著者 篠原
論文タイトル TGF-β signalling and PEG10 are mutually exclusive and inhibitory in chondrosarcoma cells.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29044189
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 Undifferentiated pleomorphic sarcoma(未分化多形肉腫)の代謝解析
論文筆頭著者 齊藤
論文タイトル The histone deacetylase inhibitor LBH589 inhibits undifferentiated pleomorphic sarcoma growth via downregulation of FOS-like antigen 1.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30303565
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 人工骨頭ルーズニングにおける不顕性感染の研究
論文筆頭著者 瀬戸口
論文タイトル Cut-off values of latent infection in patients with rapid migration following bipolar hip hemiarthroplasty.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26785746
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 感染により人工関節を抜去し、感染治療後に再置換した症例の解析
論文筆頭著者 齊藤
論文タイトル Intraoperative evaluation of polymorphonuclear leukocyte during second-stage revision surgery promote overdiagnosis of persistent periprosthetic joint infection.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29503078
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 転移性骨腫瘍患者における画像診断の有用性の研究
論文筆頭著者 嶋田
論文タイトル Metastatic bone tumors: Analysis of factors affecting prognosis and efficacy of CT and 18F-FDG PET-CT in identifying primary lesions.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25054061
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 転移性骨腫瘍患者における画像診断の有用性の研究
論文筆頭著者 嶋田
論文タイトル Evaluation of prognostic scoring systems for bone metastases using single-center data.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26807248
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 転移性骨腫瘍患者における画像診断の有用性の研究
論文筆頭著者 冨永
論文タイトル Prognostic factors in patients with skeletal-related events at non-small-cell lung cancer diagnosis.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29181185
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 PCR法によるMRSA検出感度上昇手法研究
論文筆頭著者
論文タイトル Enrichment of bacteria samples by centrifugation improves the diagnosis of orthopaedics-related infections via real-time PCR amplification of the bacterial methicillin-resistance gene.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26138214
担当責任者 瀬戸口 啓夫
研究課題名 骨軟部肉腫におけるノッチシグナルの研究
論文筆頭著者
論文タイトル Hairy/enhancer-of-split related with YRPW motif protein 1 promotes osteosarcoma metastasis via matrix metallopeptidase 9 expression.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25742474
担当責任者 佐々木裕美
研究課題名 悪性軟部腫瘍に対する栄養評価スコアの有用性についての検討
論文筆頭著者 佐々木
論文タイトル Risk Factors for Surgical Site Infection after Soft-Tissue Sarcoma Resection, Including the Preoperative Geriatric Nutritional Risk Index.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30513989
担当責任者 佐々木裕美
研究課題名 悪性軟部腫瘍に対する栄養評価スコアの有用性についての検討
論文筆頭著者 佐々木
論文タイトル Validation of Different Nutritional Assessment Tools in Predicting Prognosis of Patients with Soft Tissue Spindle-Cell Sarcomas.
論文リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29899304