2021-11-27

鹿児島大学 整形外科学教室

Department of Orthopaedic Surgery Kagoshima University

城光寺豪先生の学位論文が、アメリカの学会誌に掲載されました

1 min read

城光寺豪先生の学位論文が、アメリカ生化学・分子生物学会学会誌Journal of Biological Chemistry(インパクトファクター: 5.157)に掲載されました。

https://doi.org/10.1016/j.jbc.2021.100994

この論文は、厚生労働省指定難病の脊柱後縦靭帯骨化症(OPLL)のゲノムワイド関連解析から特定された原因候補遺伝子CDC5Lの機能を解析したものです。CDC5Lが実際にヒトの後縦靭帯に発現して、軟骨細胞の増殖と分化を関連RNAの成熟を調整する事で促進し、OPLL形成初期に重要な役割を担っている事を示唆するもので、OPLLの病因の一端に迫る知見を示しました。理化学研究所生命医科学研究センターとの共同研究です。

CDC5L promotes early chondrocyte differentiation and proliferation by modulating pre-mRNA splicing of SOX9, COL2A1, and WEE1

Go Jokoji,1,2 Shingo Maeda,1* Kazuki Oishi,2 Toshiro Ijuin,1,2 Masahiro Nakajima,3 Hiroki Tawaratsumida,1,2 Ichiro Kawamura,2 Hiroyuki Tominaga,2 Eiji Taketomi,4 Shiro Ikegawa,3 and Noboru Taniguchi1,2

1Department of Bone and Joint Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University, Kagoshima, Japan

2Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University, Kagoshima, Japan

3Laboratory for Bone and Joint Diseases, RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, Tokyo, Japan

4Department of Orthopaedic Surgery, Japanese Red Cross Kagoshima Hospital, Kagoshima Japan

*Corresponding author: Shingo Maeda